「横浜でSr-90 」について報道がされています。

0
13

ある程度飛散するであろう事は震災当初から言われていましたし、私も最初から考えていました。元素としては特に重たいわけではなく、化合物の密度はちょっと調べる時間がありません。しかし、専門家によると、すくなくとも原子Cs-137 の方が重たいです。

そうすると、ある程度の量が検出されたとしたら福島由来と思って間違いないです。過去の核実験でも 10MBq/km^2 = 10Bq/m^2 程度降り注いでます。いずれにしても、人体に対する影響は

量(Bq) x 実効線量係数 (mSv/Bq)

で表わされ、核種によって実効線量係数が異なります。実効線量係数は、人体の中でどれぐらい吸収されやすいか、排出されやすいか、特定の器官に集中して影響を与えるかなどをまるっとひっくるめた値で、まあ、その核種がどれぐらいやばいかを表わしていると考えればいいでしょう。

そして、経口摂取した場合は、Cs-137 で 6.2×10^-6 mSv/Bq, I-131 で 2.2×10^-5 mSv/Bq, Sr-90 で 0.27~2.8×10^-5 mSv/Bq となっています。化学形態にもよりますが、最大でもせいぜい 4倍程度の危険度と評価できます。後はこれらが食品などにどの程度含まれるかですが、Ca を多く含む食品は比較的たくさんSr-90 を含むと考えて差し支えないと思います。しかし、残念ながらβ線しか放出しない Sr-90 は検出、定量が難しいものです。

化学的毒性も・・・ 1Bq の放射能って一体どれほどの量だか想像できないほどの量です。Pu-238 であれば、238g 中に原子が 6×10^23 個も入っているんですよ?専門家の実験を見ても、 まず普通の分析法では検出すること自体不可能です。 一日あたり5個のプルトニウムを吸い込んだって・・・完全に笑い話の世界の話です。あと雪の話です。既に雨の中にほとんど含まれていませんから、全く心配ないというか、むしろ遮蔽されて外部線量は下がるはずです。ただし雪解けの季節には注意が必要だと思います。山に蓄積された分が下に下りてくる可能性が高いです。皆様の健康と安全を祈ります。

シェア
次の記事8月1日BTC-JPY一時急落も下値抵抗線からS継続
ネットでお金儲けする人のなぜを見つけて、なぜに答えるニュースサイト。みなさんのなぜに答えるために当事者にあったり、現場で事実を見つけます。エンターテイメントとユーモアに包まれた疑惑の追及サイト。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here