東南アジア現代美術展をきっかけに@森美術館、新国立

0
6

東南アジアの現代アートの記録性が明確な指針となるのが、新国立と森美で開催されている「東南アジア現代美術展」である。戦後に描かれたタイ、ベトナム、シガポール、マレーシア、インドネシア..などのアーティストが作った作品には、戦争の惨禍という古めかしいテーマが無残な線引きで、作品の短絡性を与えかねないが、半世紀過ぎてもなお、日本人が思い出さなければならない、痕跡があった。それは、多様性である。

新国立劇場と森美術館。二つの美術館をまたぐという利便性の低い展示。「戦争とアート」という、簡素な戦後価値によって、アート自体を冒涜しかねない美術展のテーマ。しかしどんな欠陥があったとしても「サンシャワー:東南アジア現代美術展」には、我々日本人がみておくべき表現の今がある。

(続)

教科書的な説明から、20世紀の侵食という危機意識、1848年以来、人類はあきずに同じことをやっているという、東アジアにおける社会意識については、後日触れる。内容に入る前にとりあえず、勧める。

 

 

サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

http://www.nact.jp/exhibition_special/2017/sunshower/

 

展覧会ホームページ

http://sunshower2017.jp/

 

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here