日本銀行はまだ目標値の2%まで半ば (日銀布野@札幌)

0
22
  • 強力な緩和を継続して目標を達成することが重要
  • CPI目標のためにまだ不十分な価格の勢い
  • 負のショックから経済を守るために実質金利を十分押し下げなければならない
  • 雇用者の収入は徐々に増加すると予想されるが、企業は賃金の引き上げに慎重を保つリスクがある
  • 日本の個人消費は、傾向として緩やかに増加するだろう
  • 日本はまだ生産性を高める余地がありますが、成長戦略を促進するためには痛みが少なくてすむ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here