利益と損益の本質「新しい常識と勝利を目指して」

0
5

人間の心は風に揺れ動く葦に似ている。

ドル円のエントリーから決済までの時間。様々な迷いが私の心を横切る。

ある専門家はドルを売れ。またある専門家はもう押し目であり、下値抵抗線を割っている。

しかし私には、専門家ほど相場で信用できなかった。

しょせん、専門家も生活のために、売名行為をしているだけではないか。

 

そうして私は、いつしか自分のエントリーの仕方を確信するようになった。相場は、9割以上の敗北がある、ゲームにちがいない。専門家の意見に耳にを傾けることは、9割に敗北者になることを認めることになる。しかし、個人投資家にとって、情報の選別は、ネットには情報があふれ、圧倒的な不利な状況にある。

 

不利な状況というのは、相場で客観情報という名の情報を信じ込むという意味である。そんな我々は多くの生活資金をつぎ込み、毎月、確実にその5割以上を失い続けている。

損切りだけの損害に限っては、勉強量であると考える向きもあるだろう。

いわゆる専門家の情報は、我々のために、自由を獲得する個人のためにでも、戦っているわけではない。専門家は、数撃ちゃ当たる、占い師という職業なのである。

 

自分のエントリーは、自分が編み出すこと。

このことに、私がこれほど神経質にいう理由は、まさに相場は我々がこれまでに楽興教育や、上司、会社から教わってきた常識に対する挑戦であるからだ。

 

それならば、我々のエントリーは、専門家の意見や、他人の意見の愚かさを示すことを示すことにもなり、9割の敗北者から遠のくことを意味するものだ。

 

そこで、我々は市場参加とは何か議論する必要がある。

私は当初大金を失い続け、次第に相場から知った市場の真実からそう確信し始めた。

しかし、我々は、他人の意見ややり方を信じることが好きである。

 

常識や他人の池員を排除する。それは、ファクトン基づくエントリーである。

それならば、テクニカルやチャーティストになればいいのか?というのは、そうではない。

哲学性と科学性を持ち合わせた、エントリーに対する知識と経験が相場にふさわしいことに、私はこの上なく誰でも応用が利く、知識だと思うのである。

それが、私が提唱する、ビッチ投資法(仮称)である。

このような投資法は、我々の人生の行き方をも反芻する機会になる。

世の中の常識をへつらい、思い込みやわかったふりをやめる意思。

他人の評価ではなく、自分がいかに評価するかという、人間的な成長ももたらす。

投資というのは、相場の時間造形性や世の中の社会常識や人間心理についても、鋭い考察を示している。

市場は全体利益の中で理解しなければンらないということは、これは、むしろ常識であって、その常識が今日まで市場で通用しなかった方がおかしいくらいのものである。

しかし、その常識が改めて採用されたとすると、市場は勇気のある投資家に喜びをもって迎えてくれるだろう。そうして、私の相場解釈をささえている精神こそ、反プロフェッショナルの、反常識の哲学性と科学性に基づいた思考法である。

市場は、社会の経済活動の中でも、その速度と規模でいうと、お金の動きにもっとも密着した経済活動の場である。

我々は、自らの迷いを力にして、正しい知識と常識を持ち、市場で勝つ勇気を身につける必要があるのではないだろうか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here